いろいろ知りたい!結婚相談所あるある

結婚したい!と真摯に頑張る人達もたくさんいる中、婚活方法の一つとしての手段でもある結婚相談所。出会いが無い、手助けが欲しい、自分の求める条件の人を手っ取り早く見付けたい、そんな思いから結婚相談所への登録を考え始めている人へ。

既に登録経験のある人や相談所のスタッフ、家族や友人からの情報等、結婚相談所に関する「あるある!」を集めてみました。

男女が互いに求めるモノは違う

結婚相談所あるあるを探っていて感じたのは、男女がお互いに求めている条件が違うと言う事です。ダントツに多かったのは、女性が男性会員に求めるのは「年収」、男性が女性会員に求めるのは「若さ」だったと言う意見です。

けれど、それを知ってみても、初めて知ったわ、と言う感覚にはなりませんでした。やっぱりそうなんだ、と言う感じです。結婚を意識した事のある人や、ある程度の年齢や経験を重ねてきた人なら、何処かしらで見聞きした覚えがある意見ですよね。

せっかく気になるお相手を見付けても、その条件で引っ掛かり断られてしまうというのは、此処では当たり前にある話です。恋愛では、お互いがよく知り合い、中身も知った上で気持ちが育まれて行く事も多いですが、結婚相談所では、会う前に条件を満たしている事が重要視されています。

中身よりもそんなに大事なのか

結婚相談所で男女が求めている、「年収」と「若さ」についての理由は何でしょう。まず、男性が求めている「若さ」について。的を得た意見としては、出産の為には少しでも若い人を、と望む声です。近年、35歳以上の高齢出産も多くみられていますが、胎児の染色体異常の確率が高くなるリスクや、パートナーへの負担を考える男性はやはり多い様です。

その他には、男性ならではの「女性は若い方が良い」と言う根強さでしょうか。もちろん人それぞれの好みは有ります。それでも、若い女性を好む男性は多く、他人に若いパートナーを見せびらかしたい!と言う優越感の様なモノを求める男性会員は、30代後半以上に多くみられる傾向です。

一方、女性が求めている「年収」についてはどうでしょうか。少しでも楽をして暮らしたい、先に結婚した友人より余裕のある暮らしをしたい、等の様です。あまり良い印象な意見は見受けられませんでしたが、結婚相談所で出会うのにわざわざ低所得者を選んで苦労したくない!と思う人が多いのでしょう。

また、こんな話も聞きます。「登録会員で35歳男性の6割は年収500万円以下、婚活している女性の4割以上が望む年収は500万円以上」だそうです。

マッチングへの道のりがなかなか進まない理由は、こんな男女の求める違いにあるのかも知れませんね。

マッチングの難しさと嘆き

結婚相談所での不満や悩みについても、多く見られました。ロクな人を紹介してくれない、容姿はやはり大事なのだと切実に感じる、それなりの人しかいない、等はとても多かった意見です。本当にそうなのでしょうか?実際に、今までの人生で人と関わる経験値が低かったのが分かる人や、逆に遊び気分で登録している男性が結構いたりする、という意見も有ります。

何人と会ってもビビッと来る人はいないと嘆く人も。確かに、一生を共にしようと考える相手なのだから、選ぶのには慎重になるのでしょう。

当然、自分の人生や暮らしにも影響するのだから、最初から無理だと思う相手とは有り得ない!そうですよね。けれども、そう考えるあまりに、頑なに人の意見を受け入れずに目の前の人を拒否していたりはしないのでしょうか。

「あるある」に不満が多くなると言うのは、負のループにはまり兼ねません。

結婚相談所の会員経験者同士でマイナス面な情報ばかりを流していたのでは、これから本気で頑張ってみたい!と思っている誰かの結婚願望を折ってしまうかも知れないですよね。

同じ穴のムジナ

同じレベルの人を紹介される、低レベルな相手、だと文句ばかりの人達がいるそうです。そんな人に向けて、結婚相談所で上手く相手を見付けて成婚された人のこんな意見が有ります。「自分を客観視出来ていない」、「身の丈ってあると思う」。

どう言う事なのかと言いますと、結婚相談所では会員のランク付けがされていて、スタッフの仲人からは同じランク付けをされた相手しか紹介して貰えない、と言うのが定番だそうです。自分では、自分に振り分けられたランクは知り得ないですよね。

すると、お相手の数々に不満ばかりを漏らしている人は、その言葉は自分に向けて放っているのも同じ、と言う事になるらしいのです。その人達には、男女共に「理想が高い、アドバイスに聞く耳を持たない、プライドが高い、選り好みが激しい」と言う、条件を譲れない傾向があります。

我が身を振り返れ、とは正にこの事ですね。相手に求めているモノを自分は持っているのかどうか、その事にちゃんと気付けるかどうかも、成婚に辿り着き退会されて行く人との違いなのかも知れません。「愛は妥協から」、と言います。

結婚相手に理想や希望を持つのは、もちろん悪い事ではありません。しかしながら、その妥協を一切許さない姿勢が、カチカチに凝り固まった個性の強調が、幸せになれたかも知れない相手をみすみす逃しているかも知れないのです。

多少の妥協を覚える事も、マッチングへの第一歩なのではないでしょうか。

関連記事:福岡の結婚相談所を利用して短期間で成婚した体験談

これから結婚相談所で頑張る人へ

「結婚相談所あるある」を読んで、入会は止めようか、結婚は諦めるか、等と書き込まれている人もいました。不満のあるあるの多さに驚いてしまいますよね。ですが、人それぞれだったり、実際に自分で体験してみない事には分からない事も多かったりするのが事実です。

何事にも、向き不向きもあります。結婚相談所で出会えた伴侶が運命の相手だと思う、と言う幸せな人達もいるのです。また、あるある調査で得た細やかな情報ですが、いくつかのポイントがありました。結婚相談所を選ぶ時は、審査のしっかりしているところを選びましょう。

独身証明書や卒業証明書等の提出をきちんと行われていない所は、怪しいそうです。お手軽で低料金な婚活サイトでは審査がとても緩く、既婚男性や遊びたいだけの人も結構紛れ込んでいるらしいですので、要注意です。

さらに、先程も挙げましたが、ある程度妥協出来る人は半年以内で上手く行く、と言う声もありました。自分の求めている結婚が分からなくなったり、もっと良い人がいるかも!と悩む事があったりするでしょうが、良い意味での妥協を覚えて、幸せな結婚を掴みましょう。